【エピローグ】1793 【誰歓ランダ】連理黄昏ホテル【R18】/情報   |   フィルターコントロール: ← ↓ ■ □ 2019/04/29(Mon) 00:00:00 に更新 予定
3日目 / 1793 【誰歓ランダ】連理黄昏ホテル【R18】 - 人狼物語 深海国

人狼物語 深海国 青サーバー


1793 【誰歓ランダ】連理黄昏ホテル【R18】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


【秘】 魔導士 セレスト → 魔術師 ループレヒト

む、そうか。来てからその、おまかせとやらに変更をし損ねた気がしているので、万が一奪っていたなら申し訳ない、と念の為謝罪しておく。

[卵を産む類のものだろうか、と
呟いた後、それは首を傾げた。]

私に使い魔はいないのだ。
あるのは魔具のみ。
だからその、もふもふや鱗類などに
興味がある。捕らえて契約を結ぶのか?

困ること。私は特に悩む事がないのだ。
多分、恐らく。何故かな。
嬉しいと思う事あれど、苦しい、痛い、
その感覚についてやけに、鈍い。

(-0) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【秘】 魔導士 セレスト → ファウスト


─何故…………私に対して…
ああ、ファウストもわからないのだな。
その顔の訳がわからないのなら、
恐らく、深く知りたいと思う訳も。

──私は、こうして、ここに来て…
窓から見える色を眺めていると落ち着く。
それと、きっと人の役に立つ行為をしている時は「幸せ」なのだと思う。

[聞かれたのなら、
もしくは聞かれるでもなく、
それは自らの事をなぞるように語り始める。
昨日『霧を呼んだ』と、付け加えるように言った。]

ファウストは。
私と手を繋ぐことは「幸せ」だろうか?
どうしてここのホテルにやってきているのか、
聞いても、良いものだろうか?

[離れないまま握られている手に
無機質で波音の立たない核が凪いでいる。
これはいつもとは違うことだ。

どうしたら良い?
生まれて初めて起きる現象だ。]

(-1) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【秘】 魔導士 セレスト → ファウスト

私が嬉しいのかと問い、
嬉しいと答えを聞いた時…
そういうファウストの顔を見ると…

むず痒い心地を覚える。

私も、さっぱり、わからない。
ファウストの手が暖かいからだろうか?

[暖められる手を眺めて、それは、まるで自分も暖かい生き物になれるような気がした。
錯覚は不具合だ。でも、どこも悪くはないのだった。]

(-2) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【秘】 館長 シャルル → サボり魔 サカキ

感性は人それぞれと言いますからね。
個人的には愉しいですよ、とても

へーぇ、じゃあもっと君の口からも聞きたいな
俺のことどう思ってるんです?
今までずっと、どんな目で俺を見てたんですか?

[嬉しいという声にはにこりと微笑んでみせるが
問いかけには答えを求めるように顎をすくい上げ、親指の腹で唇をなぞる。]

どこまで持つか試してみましょうか。
耐えきれなくなったらどうなっちゃうんですかね。

……っふ、すみません。
やっぱり意地悪したいみたいです、俺

[僅かに漏れる声と、唇を噛み締め堪える姿と
そのささやかな抵抗さえも愛らしくて。
じっくり、などと言い出したもののすぐに食べてしまいたくなる。

ひとしきり胸の飾りを虐めたなら、手のひらは再び腹部を伝い内腿をゆるりと撫でた。芯の辺りに触れ、衣服の上からその感触を確かめようと。]

(-3) 2019/04/23(Tue) 07時半頃

【秘】 サボり魔 サカキ → 館長 シャルル

いやまぁそりゃ言ったらなんでもそうですけど……
アンタの楽しい感覚がイマイチ分からねぇ。

なんでそれ言わなきゃいけないんですか。
嫌ですよ、言いませんよ。
俺が素直に言うと思ってんですか。

[唇をなぞる指に叶うなら噛み付いてやる。
もちろん甘噛みだけど。
アンタの思う通りに進ませねぇぞって威嚇。]

マジで、性格、悪い……っ、ん、
……ホント、今更すぎ、んの、っぁ、あ、

[こんな明確に虐められてるってのに。
謝るくらいならするんじゃねぇと心の内で思う。
まぁ、表情にもバリバリ出てるんだけど。
しかし文句はそこで途切れる。

正直感じるとも思ってなかった場所で翻弄されて、
体の熱は高ぶって仕方が無い。
彼が思うより自分には余裕がない。
それだっていうのに、彼の手は明確に
次の場所を目指していて。
触れる手が際どい場所を撫でて、触れて。

熱の中心に触れれば分かるだろう。
もう既に持ち上がってしまっているそれがあることに。]

(-6) 2019/04/23(Tue) 10時半頃

【秘】 館長 シャルル → サボり魔 サカキ

そんなに変わり者でしょうか?
まあ少しづつ知っていってくださいよ

……ふは、そうでした。
素直に言えない恥ずかしがり屋さんですものねえ
君がその気ならいいですけど。

[予想外の威嚇に思わず吹き出してしまう。
噛み付かれたならふにふにと下唇を押し下げて遊ぶが
なんとなしに乱したくなって、そのまま親指を押し込んだ。
半ば強引に割り開き、濡れた口内を掻き混ぜる。
歯列をなぞり舌を弄って、口端を歪めてやればどんな顔をしただろう。]

だって、あんまり可愛いものだから。
甘い声あげて、こんなにしちゃって。

[文句ありげな表情も裏腹に啼く声も愛おしい。
彼の熱を感じながら、燻らせるのはこちらも同じで。
下肢の輪郭を確かめればらしからず先を急くような気分になって、下衣の留め具を外した。
さっきよりも直接的に触れる。
けれど下着には手を掛けず、丁寧に撫でるだけに留め]

ねえ……どうしてほしい?

[じっくりと焦らすように、彼の口からお強請りを聞くまではそのまま。]

(-7) 2019/04/23(Tue) 12時半頃

【秘】 館長 シャルル → 真っ赤なドレスの踊り子 アリア

それは何より。
正直最初は思い入れなんて少しもありませんでしたが。
こうして賑わうのを見れば、続けておいて良かったです。

今やすっかり看板娘ですね。
恩返しだなんて、こちらこそ感謝してますよ
……って、半分弱ですか。
これでも良い方でしょうか?仕事量の割には。

[思わず苦笑い]

(-8) 2019/04/23(Tue) 13時半頃

【秘】 魔術師 ループレヒト → 魔導士 セレスト

ああ、それも醍醐味だから大丈夫。
欲しい窓も片方は同じだったし。

[正解者に茹で卵をプレゼントー!
どんどんぱふばふー。]

いないのか。魔具も便利だよね。
どんなの使ってるの?

使い魔は捕まえても、召喚してもあるよ。
倒して従える場合もあるし、望みを叶えて契約もあるし。
この子は、俺の魔力と引き換えにお願い聞いてくれたりする。

[指を鳴らせば、一般的に妖精と言われて思い浮かべる翅が生えた小さな人型のそれがふわりとセレストの周りを飛び回る。]

そうなんだ・・それは昔から?
嬉しい事が分かって、悲しい事とかに鈍感だと傷付くことも少なくて良さそうだけど・・あまり鈍いと痛みは怪我した時とかに危険だろうね。

(-9) 2019/04/23(Tue) 14時半頃

【秘】 サボり魔 サカキ → 館長 シャルル

……俺とは違うってだけだよ。
少しずつ知ればいいのはお互い様だ。

君がその気ならって、その気しかな、……っ、んん、

[彼の言葉に言い返しているさ中、
親指が口内に捩じ込まれる。
唾液がぐちゅりと音を立てて、彼の指は無遠慮に
口腔内を動き回る。
自分勝手に動き回るそれに──ぞくぞくと快感が走り抜けた。]


うるさいって、……っ、ぁ、な、んで、
言わなくても分かるじゃん……!

[同じ男なら分かるだろう、辛いって。
先程よりも近い刺激、期待させるようなその手。
その手は直接触れることはなく、ただただ
己の熱を焦らし燻らせるために動く。

そんな緩い刺激じゃ生殺しもいいところだ。
みっともなく、どうにか快感を得たくて腰を揺らすけど
大して効果もなかった。

触って欲しい、触って、]

……、っ、直接、触って、イかせて……!

(-10) 2019/04/23(Tue) 16時頃

【秘】 学ランの踊り子 アリア → ファウスト

 
  ファウストさんファウストさん、
  せっかくなのでこちらで。>>51
  お元気ですか?そちらの様子はどうですか?
 
  

(-13) 2019/04/23(Tue) 17時半頃

【秘】 学ランの踊り子 アリア → 館長 シャルル

 
とんでもない、46%ってすごいんですよ。
45(1..54)x1%が支配人のおかげで、
残りの何%かを48(5~50)人の従業員で分けてるんで。

えへへ、娘って名乗れるうちに
しっかり看板娘を勤めれるよう頑張りますね!
 

(-14) 2019/04/23(Tue) 18時頃

【秘】 館長 シャルル → サボり魔 サカキ

ああ、そういうことですか。
じゃあ俺にも教えてくださいね、君のこと。

……わからないでしょう、自分が今どんな顔してるか。
そんなに気持ちいいですか?お口の中を侵されるの。

[掻き乱せば鳴る水音が淫靡で、悪くはない彼の表情に堪らず興奮を覚えてしまう。
ほんの悪戯のつもりではあったけれど易々と引き抜くのは躊躇われて、双眸を細めて見つめながら、唇を唾液で濡らして。]

だって欲しがりが見たくて。
…──はい、よく出来ました。

[先を仄めかすだけの動きだけでは聞き入れず、素直なお強請りにようやく下着へ手を掛けた。

指を掛けて引き下ろせば、姿をあらわすのは先を擡げた熱芯。
苦しげに怒張したそれをいたわるよう、溢れた汁で馴染ませながら摩っていく。
先端の丸みを撫で、時折小さな口を刺激して。
やがて竿を擦り上げながら、絶頂へと煽るように。]

(-15) 2019/04/23(Tue) 21時頃

【秘】 サボり魔 サカキ → 館長 シャルル

[よいしょーと背中からのしーん]

(-16) 2019/04/23(Tue) 21時半頃

【秘】 館長 シャルル → サボり魔 サカキ

へえ、珍しい。
今は甘えん坊さんですか?

[振り返らずそのまま頭ぽふぽふ]

(-17) 2019/04/23(Tue) 21時半頃

【秘】 サボり魔 サカキ → 館長 シャルル

んー……まぁ、そんな感じ。
だめ?

[撫でる手を大人しく享受して]

(-19) 2019/04/23(Tue) 21時半頃

【秘】 館長 シャルル → 学ランの踊り子 アリア

そう言われると満更でもない気がします。
確かにアレク君の存在も大きいですね
とはいえ流石に過大評価なのでは。

[残り7%って。]

はい、これからもよろしくお願いします。
アリア君が「娘」じゃなくなったら……
おじさんになりますね、俺も

(-21) 2019/04/23(Tue) 21時半頃

【秘】 サボり魔 サカキ → 館長 シャルル

そういうことです。
教えられることなら、まぁ……教えます。

ん、ぅ……、知る、か、

[どんな顔って言われても、見えないのだから分からない。
けれど指摘されるまではその指に翻弄されていたのは確か。
彼の言葉で我に返ってなきゃ、もっと醜態を晒していた。]

欲しがらせたいのかよ、 ……っ、は、んん、
ぁ、やべ、

[言葉で噛み付くことは忘れない。
口で強請らなきゃ本当にちゃんとしてくれないなんて
意地が悪いにも程がある。
言うのだって相当な勇気と羞恥を伴うというのに。

脱がされた下着から勢いよく飛び出すそれに
お前は俺と違って正直だなぁと思う程度には
もう既に頭が馬鹿になってた。

彼の手が自分の熱を包んで刺激する。
人の手で触られるだけで全然違うなんて知らなかった。
1人でする時は喘ぐことなかったのに。
そしてもう既にそこまで来ている射精感に、
つい早漏かよと頭を抱えたくなった]

(-23) 2019/04/23(Tue) 22時頃

【秘】 館長 シャルル → サボり魔 サカキ

まさか。
こんな貴重なサカキ君、放っておくわけないでしょう。

[撫でる手を一旦離して振り返り。
前髪を掻きあげちゅっと額に口付けた]

……一日お疲れ様でした、よく頑張りましたね

(-24) 2019/04/23(Tue) 22時頃

【秘】 ノワール → 魔術師 ループレヒト

気持ちの切り替えの機会になるならいいよね。
いいね、何か大きな仕事を終わらせたご褒美とか?

[口の中の磯辺揚げがなくなれば、ワイングラスを傾ける。
豊潤な香りと濃厚な味わいを楽しんで、自然と笑みは深くなる。
相手の表情が柔らかいのなら尚更だ。]

あぁ、長い時を生きていれば、そういう事もあるだろうね。寂しくはない?
…随分、昔の話だよ。
……どうだろう。変えられるのかな。


好みの配合を探っていくのもいいかもしれない。自分だけのレシピなんて素敵だね。
あぁ、黄色やピンク色があるしね。気分で色を変えてみたり、違う色を合わせても面白そうだ。
カクテルなら、そういった楽しみ方も出来るね。口の中で完成するカクテルとはどういうものなのだろうと調べていたら面白そうだった。一度飲んでみたいと思ったよ。

[忘れずに何処かにメモしておくとしようか。
それでは出会いに乾杯?──などと言って、笑気を洩らした。

相手を思えばこそ。気まずい思いをするよりはずっとね。
うん、そんな風に「貰って」しまいやすい人にはハッピーエンドがお勧めだろう。 嫌ならやめておくけれど]

(-25) 2019/04/23(Tue) 22時頃

【秘】 ノワール → 魔術師 ループレヒト

[チーズを注文し、磯辺揚げと共に肴にしつつ、ワインを進める。

そうして、不意に]


…ねぇ、

  君はさ、呪いを解いた事はある?

[何でもないように振ったにしては、その話題は不吉な色を帯びていた。]

(-26) 2019/04/23(Tue) 22時頃

【秘】 ノワール → 猫耳尻尾 諦観 ヨシュア

それなら僕も良かったよ。

[首を傾げられれば、何でもない、と首をゆるりと振ってみせ。]

それも確かに。
あぁ、大丈夫。
こうすれば、…ほら。

[何も持たない手をくるりと返せば、そこには空のグラスが一つ。
口許には三日月を浮かべ。]

(-27) 2019/04/23(Tue) 22時頃

【秘】 ファウスト → 魔導士 セレスト

…ごめん。

[セレストの問いかけに
 きちんと答えることができなかったけれど、
 それを責めずに受け止めてくれたことに、
 申し訳なさ、と、有り難さを感じながら、一言。]

窓の外の景色を眺めていると落ち着くのか。
…それなら俺も一緒にできる。
[ぽつりと呟いて、微笑んだ。
 しかし、続く言葉には少し首を傾げる。]

…人の役に立つ行為…、

どうして?
頼られるのが嬉しい、から?
[それは君が僕に問うた言葉。]
どうして、「幸せ」だと言い切らないの?

[けれど『霧を呼んだ』と付け加えられれば、
 ああ、君だったのか、と微笑む。
 そうして、赤い部屋から、
 お忍び仲間が声をかけていたのをみていた、と囁いた。]

(-29) 2019/04/23(Tue) 22時半頃

【秘】 ファウスト → 魔導士 セレスト

いいよ。
君が俺に興味を持ってくれるのは、
どんな理由であれ、嬉しいから。

…せっかくだから座って話そうか。
[そう言って導いたのはベンチかソファか。
 手を繋いだまま、並んで座るつもりで。]

 実は僕は、役者をやっててね。
 舞台がメインで、長く続いていたシリーズが一段落して、
 まとまった休みをもらえたから。

 しばらく1人で休みたいって言ったら、
 ここを紹介してもらったんだ。

[誰にだったっけ?…あれ、思い出せないな。
でも、きっといつもお世話になっている人。]

 お陰でこうしてのんびりしてる。

[内心は忙しかったりするけれど。

 戻ったら次の舞台が待っている、けど、
 それはまだ当分先のこと。

 舞台の話や演じた役のことを聞かれれば、ぽつりぽつりと話すだろう。便利屋である主人公たちと因縁のあるマフィアの男の、弟分。そう主役ではなく準レギュラー枠だった。]

(-30) 2019/04/23(Tue) 22時半頃

【秘】 ファウスト → 魔導士 セレスト

 むず痒い…。

[ それからセレストの話を聞いて、瞬きをする。]

 自分より熱いものに触れてるとそう、なるかも?
 くすぐったい、とか、
 居心地が悪い…とか?
 それでも悪い気がしてないのなら、俺と一緒、かも、なんてね。

[…わからないって言ったくせに、と言われてしまうかな。]

…でも、セレストと一緒なら、俺はもっと嬉しくなるよ。

[だから、話が途切れても、君の隣で黄昏を眺めていたい。]

(-31) 2019/04/23(Tue) 22時半頃

【秘】 猫耳尻尾 諦観 ヨシュア → ノワール

……正直、人から別のものになりたいくらいにはへこんでた

[そうか、と小さく呟いた]

……手品?
……どうやったんだ?

[少し驚いた様子で空のグラスを見つめた]

(-32) 2019/04/23(Tue) 22時半頃

【秘】 ファウスト → 学ランの踊り子 アリア


こちらは、まったりとしてるね。
全然誰もいないわけではないけれど。

のんびりと黄昏を楽しんでいるよ。

(-33) 2019/04/23(Tue) 22時半頃

【秘】 館長 シャルル → サボり魔 サカキ

教えられずとも勝手に暴いちゃうかもですが。

とっても良い顔してますよ、貴方
はしたなく弄ばれちゃって
……ほら、こんなにびしょ濡れ。

[もう少し素直な反応を見たかったところではあるが。
煽るような言葉を重ねながらすっかり唾液に塗れた指を引き抜いて、見せつける。
てらりと濡れた唇の端はキスをするように舐め取って。]

ええ、もちろん。
言ったでしょう?恥じらう顔が見たいって。
それに焦らされて、こんなに正直な姿を晒して。

良いんですよ、我慢しなくて
なんて……言わなくても、もう限界ですか。

[手の内で与える刺激に共鳴して、甘い声が響く。
時には緩やかに、時には熱を煽りながら
限界を予感させる彼の反応を見れば動きを早めた。
同時に呼吸ごと搦めとるよう唇を重ねて、己の手が染まることなどは御構い無しに全て受け止めてしまおうと。]

(-35) 2019/04/23(Tue) 23時頃

【秘】 魔術師 ループレヒト → ノワール

何かあっても、生きていくのなら切り替えないといけないはあるもんね。
ああ、あるある。ご褒美に中々手に入らないお酒とか用意してたら頑張る気になる。

[ほうっとワインとの味わいの深さに吐息を零して、飲んでは食べてが止まりそうにない組み合わせだなとご満悦。]

寂しくない・・と言ったらうそになるね。けど、段々と慣れてくものだよ・・。
そうなんだ・・聞いてもいいのかな?どんな人だったとか。
なんでもかんでも変えられるなんて無責任な事は言えないけど、変えれない事は少ないんじゃないかなって思う。

いいね。自分だけのレシピ。配合違うと口当たりがやっぱり違うしね。
そうそう、黄色とピンク。どっちも鮮やかでいいと思う。両方かなんでかどちらかと思ってたけど、両方も良さそうだ。
二コラシカ、だよね。ブランデーによって味も変わるだろうから飲み比べてみたいなって思う。

[虹色のも飲んでみたいけど、あれは難しくて作ってるとこあまり知らないんだよなと肩を竦め。
ベタだよねと苦笑しながらも、乾杯をすれば楽しいという雰囲気を隠しきれもせず。

そうだね。誰かが間に入って変わることもあるだろうし、変わらないなら変わらないで適度な距離で楽しめる方がいい。
自分に合った物語が一番だね。 嫌ではないけど・・面白いの?]

(-36) 2019/04/23(Tue) 23時半頃

【秘】 魔術師 ループレヒト → ノワール

[追加されたチーズを横から摘まみ、美味しいと舌鼓。

・・していたら思わぬ問いかけ。

ぱちり、ぱちりと瞬いて、目を細める。]

・・あるよ。

・・・・・・・・失敗したことも。

[だから、自分は――と出かけた声はワインと共に飲み込んで]

なーにー?解て欲しい呪いでもあるの?

[軽い感じで問いかけを返して首を傾げた]

(-37) 2019/04/23(Tue) 23時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:内緒話 解除する

生存者
(2人 6促)

ヨシュア
グロウ

犠牲者 (8人)

スティア
(2d)
アレク
(3d) 注目
アリア
(4d) 注目
シリウス
(4d) 注目
アロイス
(4d) 注目
シャルル
(4d) 注目
サカキ
(5d) 注目
ハナエ
(6d) 注目

処刑者 (4人)

ファウスト
(3d) 注目
ループレヒト
(4d) 注目
セレスト
(5d) 注目
ソフィ
(6d) 注目

突然死 (0人)

裏方に (2人)

ノワール
カイン
村を出た人達

一括操作

全員表示
全員非表示
反転表示

発言種操作

↓発言種別フィルタ↓

内緒話

↓発言種別抽出↓

↓通常発言抽出↓

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.16 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
管理: robin645
共同運営者: 要 亜希