人狼物語 深海国 青サーバー


1797 【RP】さよなら三角。また来て四角。

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


時は来た。村人達は集まり、互いの姿を確認する。
安居が無残な姿で発見された。


 [君の、好きな人は


     私の、好きな人は………、 ]
 
 


現在の生存者は、涼風、卯波、花守、形代、夕凪、不知火、雉笛、弥生、青嵐、髪置、氷室、神楽、冬至の13名


氷室は、メモを貼った。

2019/05/07(Tue) 00時頃


髪置

  ――なりたいもの――

[ これは未散からすれば、ほんの僅かな
 言回しの問題。
 しかし言葉とは不思議なもので、一旦
 「わたし」を手放すと変化は内にも外にも現れる。
 
 本当は身体を動かすことが得意だった。
 だけど思い切り跳んだり走ったりはしない
 ようにしていた。
 ぢゃおは変わらず楽しみにしていたけど、
 少年漫画も読むようになった。

 開放。
 ただ、海に行くことはなかった。 ]
 

(0) 2019/05/07(Tue) 00時頃

髪置



  デザイナーとか、興味あるんだ。


[ そう言って、差し出した一冊のスケッチブック。
 相手は勿論柊士だ。
 昏い場所へ沈んでいく彼の視界に映っただろうか。
 そこには、未散のデザインした服の数々。
 画才は持ち合わせていないため
 絵の出来はいまひとつだっただろうそれを。 ]

  
  どう、かな?
  感想とか。
  もし、柊士がよければ手直しとか
  してもらえると嬉しい。


[ 未散のデザインが他者に伝わるように。 ]
 

(1) 2019/05/07(Tue) 00時頃

髪置

  

  ―――― 約束。
  まだ、はっきりした形じゃないけど。


[ >>0:607>>0:719 なりたいものが見つかったら。
 子供の頃の約束を彼は覚えていただろうか。
 昼間の星。
 きっと今では未散と柊士の瞳が
 視認できる空は異なるのだろうけれど。 ] **
 

(2) 2019/05/07(Tue) 00時頃

担任 涼風は、メモを貼った。

2019/05/07(Tue) 00時頃


【独】 担任 涼風

/*
私の投票はゆなまぎさんでよいか!

(-0) 2019/05/07(Tue) 00時頃

髪置は、メモを貼った。

2019/05/07(Tue) 00時頃


【鳴】 花守

>>=14
 それ、いつ遊んでるの?!
 ちゃんとぢゃお読んでる??

 本当に忙しいとこ、返事ありがとう。
 
 って、懐かし恥ずかしい!
 特大ハートチョコなら心を込めて
 またお作りしますので、どうぞ、平に、平に。
 あの時よりじょうずだよきっと(笑)

 ほのかちゃんも、同じなの?
 知らなかった。
 奪えないよね。
 奪っちゃいたいのにね。
 でも、好きな人には幸せになって欲しいんだよね。

 私はほのかちゃんにも幸せになって欲しいなぁ。
 こう、気の利いたことはいえないんだけど。
 話聞くだけなら離れててもいつでもできるから、
 頼ってもらえるとうれしいな。

 それじゃあ、授業頑張って!

(=0) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

形代

 ― Happy Valentine! ―

[ 去年までは最高に幸せだった。
 世の中の女の子達は好きな人に中々渡せなくて大変だなあと
 テレビや雑誌で話題に上る度にしみじみ思ったものだ。

 だって、私は堂々と渡せる。

 それが義理とか本命とか関係なく、
 女の子同士だから、ハードルは低かった。
 今年は何作ろうか、なんて
 女の子が集まってきゃっきゃしたこともあったかもしれないし、
 いっぱい作ったの、なんて
 お互いのチョコを交換しよって合法的にもらったりも。]

(3) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

形代


  ――――はあ。

[ でも、去年一足先にこの島を卒業した不知火は
 今年のバレンタインには、いない。
 当たり前のように楽しみだったこの日は
 今年だけはちょっぴりつまらなかった。

 溜め息をつきながらも手はガシガシとチョコを溶かしていく。
 湯煎でとろりとしたそれを生クリームと合わせてバッテラに入れて
 冷蔵庫で冷やして固めていく。

 その間にオーブンが焼き上がりを告げて覗き込めば
 ココア色に綺麗に染まったクッキー。]

(4) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

形代


  ハッピーバレンタインですよー!

[ それらを一つ一つラッピングして>>1:155>>1:162
 夕凪と一緒に配り歩いただろう。
 昨日作りながらついた溜め息は胸に隠して、

 でも、手元に一人分だけ残ってしまった。
 あげたくて、あげられない。
 特別大きく作って、リボンもあの人に似あったピンク。

 あげられる訳がないのに、
 残ったそれを持って私は屋上で海の向こうをぼんやり眺める。
 せめてあの人を思いながら自分で食べよう。

 まだ寒さの残る空の下でそっとラッピングを外したのだった。*]

(5) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

【独】 不知火

/*
茜ちゃん……
えりちゃんの好きな人がボクなの知ってて
あえて言ってるよね……おそろしや………

ああ、でもしゅうくんの想い人でもあるから
ボクもえりちゃんと顔を合わすのは複雑な訳か…

誰かもう…図に書いて><

(-1) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

【独】 不知火

/*
>>3
合法的wwwたしかに

(-2) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

花守

[送り終わってため息をつく。
 どこか、よそよそしい感じがした。
 学校は楽しいと、表面だけをすくいとるような。
 忙しそうだったから、仕方ないのだと思う。
 都会にでて変わってしまったのでなければいいけれど。
 
 恋の話も問題だけれど、
 何か変わったほのかちゃんが気になって、
 最後に話を聞くなど付け加えてしまった。

 それにしても。
 私にはできないくせに、
 ほのかちゃんには壁を打ち破って欲しいと願ってしまう。

 誰かがやってくれれば自分もできる気がする。
 そんな幻想を微かに抱いてしまう。
 
 前例なんて私はとっくにたくさん知っている。
 漫画の主人公達がたくさん見せてくれているのに。
 それでも踏み出せないでいるのは──]*

(6) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

形代

 ― 夏祭りの前 ―

[ ぴろん、スマホが通知を告げる。
 思ったより早い返信に胸がどきっとして
 でも画面をスライドする指は素早かった。]

  ――――うそ。

[ 送られてきたメッセージ。
 深い意味はないのだろうけど、
 つけられたハートマークに顔が熱くなる。

 本当は、ちょっと無理かなって思ってた。
 だって本土にいるし、帰ってくるのだって大変だもの。
 もっと早くに打診すればまた違ったのかもだけど
 卯波にマニキュアをしてもらえなければ
 きっと誘う勇気だって出なかった。]

(7) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

【鳴】 形代

 To:ほのかちゃん

 やったー!楽しみにしてるね!
 ほのかちゃんありがとう!

 今年も花火一緒にしようね。

(=1) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

形代


  百歳くんありがとー!

[ ぼふんと布団の上で転がる。
 緩んでく口元に、マニキュアのおかげだねと胸が高鳴った。

 まだ祭りまで数日あるというのに
 もう待ち遠しくて仕方がない。

 久しぶりに会えるのだ。
 綺麗になったね、って言ってもらいたい。

 どんな髪型にしようかな。
 うんうん雑誌やスマホで色々調べている内に
 時間はあっという間に過ぎていって。]

(8) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

形代

 ― 夏祭り当日:卯波家 ―

[ 若草色の浴衣に薄紫の帯。
 あんまり長くない髪の毛はサイドを編み込んで襟足の中に隠して
 なんちゃってまとめ髪に。
 耳の横に少しだけ垂らした毛束はくるんとアイロンで巻いて。
 唇には淡いピンクのリップをほんのりと。
 からんころんと下駄を響かせながら卯波家のチャイムを鳴らした。]

  こんばんは、百歳くん。

[ 約束通りの夕方に。
 マニキュアお願いします、と訪れた自分をどう迎えてくれただろうか。**]

(9) 2019/05/07(Tue) 00時半頃

形代 がまとめメモを更新しました。


花守

[いいんだよ。
 いいんだよ。

 言い聞かせるたびに私の心には傷が増えていく。

 私は勉強に没頭した。
 勉強は必ず応えてくれる。
 叫び出したくなるような痛みも忘れさせてくれる。

 いつからだっただろう。
 勉強の目的が揺らいでいたのは。

 島のお医者さんになりたい。
 痛みを忘れたい。
 忘れたい。
 島のお医者さんになりたい。
 痛みを忘れたい。
 ももくんと一緒にいたい。
 痛い。痛い。
 忘れたい。

 
 心の叫びに蓋をしたまま、
 私は勉強に逃げていた。]*

(10) 2019/05/07(Tue) 01時頃

雉笛 がまとめメモを更新しました。


不知火

 ── Recollection ──

[ 貴方の病状が悪化して ─── >>0:620
  ボクが公園で事故を起こし退院してから
  ボクもスケッチブックを持って
  絵を描くようになった

  貴方に「 一緒に描こ! 」って誘うけれど
  どうだったかな ─────
  もしかしたら 事故の事を気にして
  避けられる事があったかもしれないね
 
  それでも貴方の描き終えた
  スケッチブックぐらいは借りられた筈で。
  ボクは その切り取られたキラキラを探し
  景色を見つけられたなら スケッチを始める。

  今までだったら通り過ぎていた場所。>>0:60

  海と船は 通り越して本土を見てた
  校庭の鉄棒は 体育の時間だけ
  まだら模様の猫とは 威嚇しあってた
  縁側の蚊取線香は 匂いが嫌いだった

 
  描けば描くほど、日常が好きになれた
  貴方と同じキラキラを見つけられた気がした ]
 

(11) 2019/05/07(Tue) 01時頃

不知火

 
[ いろんな色の 絵の具も仕入れた
  露草色、瑠璃色、萌葱色、紺碧、群青色
  青と緑の種類を たくさん
  貴方の瞳に映る 貴方の色で描けるように
  貴方が見ている世界を知りたかったから
 
  貴方が高校に入って
  絵を描く事を辞めてしまっても 
  ボクはスケッチブックを片手に
  島のいろんな場所をまわった
  風景の中に貴方を描き込んで
  時間の許されるまでキラキラを増やした


  あの岬の公園だけは どうしても
  足を踏み込む事が出来なかったけれど

  絵の具も切らさないように補充した
  ボクが卒業した後も両親に強くお願いして
  また、いつでも描き始められるように ]
 

(12) 2019/05/07(Tue) 01時頃

不知火

 
[ いつから、だろう ─────
  貴方への恋を自覚しだした頃
  貴方もまた、別の誰かに視線を向けていた

  恋なんて永遠に知らなければ良かった
  だったらあなたの横顔が
  恋している人の其れだと 気付かなかったのに
 
  貴方が想う彼女は ボクも大好きな人
  幸せになってくれるのなら それで
  だから 貴方に伝えたい言葉を
  貴方に言えないまま ボクは島を去る
 
  でも想いは届かぬまま
  寄り添う事が許されるのなら ────
  そんな想いで進んだのは
  介護や福祉を専門に扱う短大で

  卑怯でしょう?
  貴方が光を失ってしまうのが
  こんなにも怖いのに

  失った後なら 貴方の傍で
  手となり足となり 光になれるかも
  そんな事を思っている
 
  そんな最低なボクは
  なにがあっても報われてはいけないんだ ]*
 

(13) 2019/05/07(Tue) 01時頃

【独】 夕凪

/* 告りたい
しかし卒アルの件をオワラセナイトシンちゃんがいつまでたっても教室を出れない………

(-3) 2019/05/07(Tue) 01時頃

【独】 夕凪

/*
告るのはエピでもいいか!

えり→ほのか
 ↖ 柊 ↙

うわあぉ…

(-4) 2019/05/07(Tue) 01時頃

【独】 夕凪

/* 未だにみっちゃんの想い人を把握してないCO

ぼくの読解力に難がある?

(-5) 2019/05/07(Tue) 01時頃

花守

─ よーこねぇと ─>>1:305>>1:306

[それはまだ、私が中学生になる前のこと。
 お魚を配った日、よーこねぇに夕飯のお誘いをうけた。]

 ホントに?
 ぜひ、お邪魔します!

[よーこねぇから夕飯のお誘いとあれば、
 乗らないわけにはいかないね。
 さんざ優しくしてもらったうえに、
 お家に一人なら、きっと寂しいに違いない。]

 ちょうどいいや、お魚開けて開けて!

[笑顔で差し出したお魚の中にはサプライズが混ざっていた。
 ザリガニだ。
 今日は川で漁師をしていて、そちらも大漁だったんだ。

 よーこねぇからの調理の提案はしょうが焼き。]

 しょうが、いいねぇ。
 くさみがとれておいしいらしいよ。
 ちょっと汁多めにして、
 炒め煮しちゃえばいいんじゃないかなー。

[と言うわけで、夕凪家のおかずと一緒に
 ザリガニ料理を頂くことになった。

 そのお味は33(0..100)x1点]**

(14) 2019/05/07(Tue) 01時頃

【独】 夕凪

/* ▼ラ神

(-6) 2019/05/07(Tue) 01時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(12人 48促)

卯波
花守
形代
夕凪
不知火
雉笛
弥生
青嵐
髪置
氷室
神楽
冬至

犠牲者 (1人)

安居
(2d)

処刑者 (1人)

涼風
(3d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

一括操作

全員表示
全員非表示
反転表示

発言種操作

↓発言種別フィルタ↓

全て
通常発言
独り言
内緒話
囁き
共鳴
念話
絆話
恋話
誘惑ログ
交信ログ
悪戯会話
精霊会話
死者のうめき
舞台
削除発言
管理系

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.21 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
管理: robin645
共同運営者: 要 亜希