【エピローグ】1793 【誰歓ランダ】連理黄昏ホテル【R18】/情報 || フィルターコントロール: ← ↓ ■ □ 2019/04/29(Mon) 00:00:00 に更新 更新予定
3日目 / 1793 【誰歓ランダ】連理黄昏ホテル【R18】 - 人狼物語 深海国

人狼物語 深海国 青サーバー


1793 【誰歓ランダ】連理黄昏ホテル【R18】

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


セレスト自律機巧 ソフィに投票した。(ランダム投票)


【秘】 魔導士 セレスト → 魔術師 ループレヒト

む、そうか。来てからその、おまかせとやらに変更をし損ねた気がしているので、万が一奪っていたなら申し訳ない、と念の為謝罪しておく。

[卵を産む類のものだろうか、と
呟いた後、それは首を傾げた。]

私に使い魔はいないのだ。
あるのは魔具のみ。
だからその、もふもふや鱗類などに
興味がある。捕らえて契約を結ぶのか?

困ること。私は特に悩む事がないのだ。
多分、恐らく。何故かな。
嬉しいと思う事あれど、苦しい、痛い、
その感覚についてやけに、鈍い。

(-0) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【秘】 魔導士 セレスト → ファウスト


─何故…………私に対して…
ああ、ファウストもわからないのだな。
その顔の訳がわからないのなら、
恐らく、深く知りたいと思う訳も。

──私は、こうして、ここに来て…
窓から見える色を眺めていると落ち着く。
それと、きっと人の役に立つ行為をしている時は「幸せ」なのだと思う。

[聞かれたのなら、
もしくは聞かれるでもなく、
それは自らの事をなぞるように語り始める。
昨日『霧を呼んだ』と、付け加えるように言った。]

ファウストは。
私と手を繋ぐことは「幸せ」だろうか?
どうしてここのホテルにやってきているのか、
聞いても、良いものだろうか?

[離れないまま握られている手に
無機質で波音の立たない核が凪いでいる。
これはいつもとは違うことだ。

どうしたら良い?
生まれて初めて起きる現象だ。]

(-1) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【秘】 魔導士 セレスト → ファウスト

私が嬉しいのかと問い、
嬉しいと答えを聞いた時…
そういうファウストの顔を見ると…

むず痒い心地を覚える。

私も、さっぱり、わからない。
ファウストの手が暖かいからだろうか?

[暖められる手を眺めて、それは、まるで自分も暖かい生き物になれるような気がした。
錯覚は不具合だ。でも、どこも悪くはないのだった。]

(-2) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

魔導士 セレスト

こんな所に居られるか。

私はロビーに戻るぞ。

[気がついたらホテルの部屋、
それもクローゼットの中にいたのだ。

目が覚めたとき、どうにかこうにか抜け出して、
そうして、ロビーに戻ってきたのだ。]

(12) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

魔導士 セレスト

なんと。

[見覚えのある二人の姿が見えないではないか。
これはなんということだ、なんて日だ。]

割り当てられた客室に戻ってしまったのだろうか…?

(13) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【悪】 魔導士 セレスト

ね  

(E0) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【悪】 魔導士 セレスト

こ  

(E1) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【悪】 魔導士 セレスト

す  

(E2) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【悪】 魔導士 セレスト

い  

(E3) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【悪】 魔導士 セレスト

た  

(E4) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【悪】 魔導士 セレスト

い  

(E5) 2019/04/23(Tue) 02時半頃

【悪】 魔導士 セレスト

[猫に顔を埋めた]

(E7) 2019/04/23(Tue) 08時頃

【秘】 魔術師 ループレヒト → 魔導士 セレスト

ああ、それも醍醐味だから大丈夫。
欲しい窓も片方は同じだったし。

[正解者に茹で卵をプレゼントー!
どんどんぱふばふー。]

いないのか。魔具も便利だよね。
どんなの使ってるの?

使い魔は捕まえても、召喚してもあるよ。
倒して従える場合もあるし、望みを叶えて契約もあるし。
この子は、俺の魔力と引き換えにお願い聞いてくれたりする。

[指を鳴らせば、一般的に妖精と言われて思い浮かべる翅が生えた小さな人型のそれがふわりとセレストの周りを飛び回る。]

そうなんだ・・それは昔から?
嬉しい事が分かって、悲しい事とかに鈍感だと傷付くことも少なくて良さそうだけど・・あまり鈍いと痛みは怪我した時とかに危険だろうね。

(-9) 2019/04/23(Tue) 14時半頃

魔導士 セレスト

[ホテルの厨房内で目が覚めた。
セーフだろうか、アウトだろうか。

手には夜空色のゼリーの箱がある。
後でみんなに振る舞おう。

それはそう考えて、厨房の冷蔵庫の一部スペースを拝借した。
「ちゃんと後で出すから、まだ食べてはいけないぞ」
と、書き置きも残しておく。]

(43) 2019/04/23(Tue) 15時半頃

【秘】 ファウスト → 魔導士 セレスト

…ごめん。

[セレストの問いかけに
 きちんと答えることができなかったけれど、
 それを責めずに受け止めてくれたことに、
 申し訳なさ、と、有り難さを感じながら、一言。]

窓の外の景色を眺めていると落ち着くのか。
…それなら俺も一緒にできる。
[ぽつりと呟いて、微笑んだ。
 しかし、続く言葉には少し首を傾げる。]

…人の役に立つ行為…、

どうして?
頼られるのが嬉しい、から?
[それは君が僕に問うた言葉。]
どうして、「幸せ」だと言い切らないの?

[けれど『霧を呼んだ』と付け加えられれば、
 ああ、君だったのか、と微笑む。
 そうして、赤い部屋から、
 お忍び仲間が声をかけていたのをみていた、と囁いた。]

(-29) 2019/04/23(Tue) 22時半頃

【秘】 ファウスト → 魔導士 セレスト

いいよ。
君が俺に興味を持ってくれるのは、
どんな理由であれ、嬉しいから。

…せっかくだから座って話そうか。
[そう言って導いたのはベンチかソファか。
 手を繋いだまま、並んで座るつもりで。]

 実は僕は、役者をやっててね。
 舞台がメインで、長く続いていたシリーズが一段落して、
 まとまった休みをもらえたから。

 しばらく1人で休みたいって言ったら、
 ここを紹介してもらったんだ。

[誰にだったっけ?…あれ、思い出せないな。
でも、きっといつもお世話になっている人。]

 お陰でこうしてのんびりしてる。

[内心は忙しかったりするけれど。

 戻ったら次の舞台が待っている、けど、
 それはまだ当分先のこと。

 舞台の話や演じた役のことを聞かれれば、ぽつりぽつりと話すだろう。便利屋である主人公たちと因縁のあるマフィアの男の、弟分。そう主役ではなく準レギュラー枠だった。]

(-30) 2019/04/23(Tue) 22時半頃

【秘】 ファウスト → 魔導士 セレスト

 むず痒い…。

[ それからセレストの話を聞いて、瞬きをする。]

 自分より熱いものに触れてるとそう、なるかも?
 くすぐったい、とか、
 居心地が悪い…とか?
 それでも悪い気がしてないのなら、俺と一緒、かも、なんてね。

[…わからないって言ったくせに、と言われてしまうかな。]

…でも、セレストと一緒なら、俺はもっと嬉しくなるよ。

[だから、話が途切れても、君の隣で黄昏を眺めていたい。]

(-31) 2019/04/23(Tue) 22時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:セレスト 解除する

処刑者 (4人)

セレスト
(5d) 注目

一括操作

全員表示
全員非表示
反転表示

発言種操作

↓発言種別フィルタ↓

全て
通常発言
独り言
内緒話
囁き
共鳴
念話
絆話
恋話
誘惑ログ
交信ログ
悪戯会話
精霊会話
死者のうめき
裏方
削除発言
管理系
祝詞

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.15 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
管理: robin645
共同運営者: 要 亜希